ぱうぱっど -Somali Blog-
愛猫シンシア(ソマリ)のお気楽マイペース日記です。気ままにお嬢生活を楽しんできた彼女が、子育てビギナーとして頑張る様子をブログで記録できたらと思いました。
04 | 2006/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
管理人 : リラソマ
  • 管理人 : リラソマ
  • 名前は「シンシア」。
    ソマリ(Ruddy)の女のコ、2歳9ヶ月です。
    このたび、お母さんになりました。
    ママぶりはいかに?!
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
苦い(にがい)時間
oo
「お久しぶりです」

ご無沙汰してすみません。

ウーロン、先月末に、かかりつけの先生の紹介で、
日本獣医生命科学大学付属動物医療センター」という所に行ってきました。
そこはまさに、マンガ『動物のお医者さん』の世界。。。
数時間預けて心臓の検査をしてもらったところ、結果は「心臓には問題なし」でした。
(かかりつけの先生に報告したところ、納得がいかないようでしたが…)

そうすると問題は「貧血」だけなので、血液関係に絞って対処していく方向になりました。
担当の科は「腫瘍科」になり、先生の担当日に通院になります。

この診療の10日程前にステロイドの投与を終了していたのですが、
体重も減ってしまいPCVの数値も下がってしまったので、再度投与になりました。

一昨日が3度目の通院でしたが、体重も増えPCVの値も25%。
30%は欲しいそうなのでまだ低めですが。

今のところ言えるのは、非再生性貧血だろう、との事。
赤血球に大小があるのは普通の猫と同じですが、赤芽球(せきがきゅう)というものが無い方だそうです。
検査の中の項目[細胞異常]に関しては[マイナス]なので、
腫瘍等の疑いはまずなく、骨髄検査を急ぐ必要も今はないとの事。

現在の薬は
・プレドニン(ステロイド)
・シクロスポリン(免疫抑制剤)
・ファモチジン(胃腸薬)

免疫抑制剤がうまく働けば、ステロイドが減量予定です。
ウーロンの体に負担の少ない、一番いい方法が見つかればいいのですが。

タイトルの「苦い時間」とは、薬を与える時間…。
頭を押さえ口を開いて、錠剤を口の奥に放り込みますが、すごく悲しい目でこちらを見るので、
ウーロンと私、お互い辛い時間です…(/_<。)
一昨日からは粉薬を溶かしてスポイトで飲ませるので、またまたウーロンには辛い時間。

主人も薬を飲ませるのですが、ウーロンは主人を見ると逃げるようになってしまいました。
かわいそうだけど、頑張ろうね。

jas
「お兄ちゃん、はやくよくなってね」
スポンサーサイト
【2006/05/10 20:31】 Jasmine&Oolong | COMMENT(7)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。